ワーキングホリデー・留学・ロングステイ・永住等等・・・
ニュージーランドでの滞在に関心のある方、すでに滞在中の方へ。
ニュージーランド在住8年目となった管理人ならではの、生きた生活情報・ホントに役立つ情報をお届けします!
まずはメニュー一覧からお好きな項目をクリックしてや〜。

2007年04月02日

祝!改定!

この四月一日から変わりました。
何がって・・・

最低時給!!!

以前は地域ごとに格差があった最低時給も、今では全国で統一されている。
実はここ最近、ニュージーランドでは毎年改定されており、18歳以上では、
$8.5(2003年)→$9.0(2004年)→$9.5(2005年)→$10.25(2006年)、

そして、今年はなんと$1もUP!!

で、$11.25。
でかいよ〜

ま、この恩恵にあずかっている自分がなさけないというか、会社がむかつくというか・・・たらーっ(汗)(ちなみに勤務1年です。)

問題なんは、このことに気づいてても何もしない雇用者がいるということ。
法律で定められているのだし、新人だろうが、なんだろうが関係ないからな。不安な人は、きちんと雇用主に確認した方がええで。
尚、前に一度説明したホリデーペイ(通常は退職時に一括で受け取れる手当てで、総収入(GROSS)の6%)も8%に改定とのこと。これは、ワーホリ(3ヶ月労働)などの短期の労働者でも受け取れるし、知らない人が多いので逃すと結構大きいぞ。

ちなみに、来年も最低時給は改定され、最終的に$12に(18歳未満は$9.6)になる予定とのこと。
これは朗報やね。

いろんな物価の上昇が続くNZ、最低賃金も上がって当然だよ、と思う人もいるかもしれない。
でもお隣のAUSでは、最低時給は州ごと業種ごとに定められているども、守ってない事業者が本当に多い!
ワーホリとかは、いまだに時給$8とか$9とかいるし。
それに比べ、一部の悪徳業者を除いて、割合まともなカンパニーが多いNZはありがたいんやな、て思う。
クラーク首相、ありがとう!!ってなところか。


ブログランキングヨロシク
posted by だいすけ at 09:55 | Comment(9) | TrackBack(0) | 節約−労働・権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

得るべきものを得てこそ節約

先月(4月)は、イースターとアンザックデイ、それぞれホリデー(日本で言う祭日)があったなー。

特にイースターの時の金曜日と日曜日は、モールなどのほとんどのお店が閉まっていたので、NZ滞在の短い人なんかは、結構驚いた人が多いかも。

そもそも、こういった休日はこちらでは神聖な日なので、
お店などの営業が法律により禁止されているんや。

その代わりといっちゃなんやけど、従業員にとっては朗報(?)で、
この日は働けなくてもその日分の給料が法律により保証される。

シフト制などで日により労働時間の異なる人は、本来その日に働いてたはずの時間分の金額を、そうでない人は過去三週間分の平均収入を日当たりにした金額を、それぞれいただける、ありがたい制度や。

また、その日に労働をした場合、通常の1.5倍の給料が支払われなければならないことになっている。

日本やったら、お盆もGWも休みなしで働かされる人も多いし、えらい違いや。

ま、それはともかく、
NZの企業は給料に関してはほとんどが週払い制なので、みんな、先月のホリーデーにまたがった給料は受け取ったはず。

そして、ワシが言いたいことは、
今一度正確な金額が振り込まれているか(受け取ったか)、確かめることをお勧めする

というのも、残念なことにこちらでは、ワーホリメーカーが働くような企業や個人経営の店などで、
こういった際の給料のピンハネが珍しくないらしい
特に給料手渡しのとこは怪しいところが多い(もちろんまともなとこも多いが。)

最低時給やホリデーペイ(退職時に総支払い給料の6%分をまとめて受け取るのが通例)といった基本的な労働者の権利と併せて、日ごろこういうことをあまり確認してない人はチェックしとこや。
ブログランキング参加中。アナタのクリックが私の勇気。(意味不明)
posted by だいすけ at 15:17 | Comment(6) | TrackBack(0) | 節約−労働・権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。